電気電子情報系出身者が年収600万円以上稼ぐ方法【技術者の自己投資の始め方】

まとめ記事
スポンサーリンク
<span class="red">電気電子情報系の</span><span class="red">Aさん</span>
電気電子情報系のAさん

このブログに初めて来ました。
年収をとにかく上げたい。

ナナシ
ナナシ

そんな方のための記事です。
このブログを読むとあなたには下記メリットがあります。
・電気電子情報系の方が自己投資(資格取得等)を通して、条件の良い企業で働く方法、年収600万以上稼ぐ方法がわかる
・あなたの人生設計のヒント、目標のヒント
・様々な資格の概要、資格取得の具体的な勉強法、体験談
・転職の具体的な取り組み方、体験談

私(ナナシ)の自己紹介

ナナシ
ナナシ

はじめまして、著者のナナシと申します。
新卒で入社した大手企業では
困りごと(残業が多い、出張が多い等)を抱えこみ、
苦しい時期がありました。
しかし、超有名ホワイト大企業への転職をして、最適な条件・高待遇で
仕事・私生活を過ごしており、困りごとは解決しました
その経験を本ブログでは語っていきたいです。
転職しましたが、年収600万以上キープしています。

↓ より詳細な私のプロフィールはこちらの記事で

はじめに

日本全体の上位20%が年収600万円超え
国税庁の調査によると、給与所得者全体の中で年収600万円を超えている人の割合は全体の約20%となっています。

ナナシ
ナナシ

年収600万円以上いきなり稼げるわけではありません。

年収600万円以上いきなり稼げるわけではありません。
通常の転職活動は、
・「事前準備」「書類作成・応募」「面接」「内定・退職・入社」という4つのステップ。
・平均で2~3カ月。(引用元

年収600万円以上 となると2~4年程度、自己投資して、自分の市場価値を高める事が必要です。

ナナシ
ナナシ

本ブログでは、「自己投資(資格取得・転職活動等)」を主に解説していきます。

年収600万以上稼ぐには、
・複数人の人に指示を出す人
・複数他社に指示を出す人
・そのために計画をする人

にならなければなりません。いわゆる、他人にお願いする側、管理する側。

理由は、年収600万以上稼ぐ人は自分の会社に対して、大きな売上で貢献できるからです。
あなたがもし一人で一日、何らかの作業をした場合、売上として2万から10万くらいではないでしょうか。
しかし、あなたが4人に作業を指示した場合、あなた含めて5人ですので、10万から50万の売上になります。
あなたが居たことで、お客さんから多くの売上(案件の人数・規模に比例)が自社に入ります。
一般的に多くの売上を出すポジションの人が、年収を多く得ています。(施工管理側、発注者側)

他人・他社に指示出す人になればいいのか。
簡単だな。

ナナシ
ナナシ

指示(お願いする)のは簡単ではありません。

指示(お願いする)のは簡単ではありません。
作業をする人(スペシャリスト)と業務連絡に問題がないくらい知識・経験が必要です。
スペシャリストの視点に加え、広い視野で目の前の案件を見渡せるゼネラリストの視点も必要になってきます。

広い視野の証明、ゼネラリストの証明には、言葉だけで説明するのもいいのですが、複数の資格を取得すれば、圧倒的簡単に証明ができます。他の人との差別化になります。それが資格取得のメリットです。(もちろん実務経験も必要)

ナナシ
ナナシ

要点をまとめると

  • 年収600万以上いきなり稼げるわけではない。2~4年程度かかる。
  • 年収600万以上稼ぐには他人・他社を動かし、自社の売上に貢献する。
  • 他人・他社を動かすには、広い視野が必要。
  • 広い視野の証明に、複数資格取得が有効。他の人と差別化しやすい。
  • 市場価値を上げてから、人・他社を動かすポジションへ転職する。

目指すゴール

皆様の困りごとを解決するのを目指すゴールと考えています。
人それぞれ困り事があると思います。

Aさん
Aさん

困りごとがいろいろありすぎて困っている。

  • 年収600万円以上ほしい。
  • 有給取得率が高いほうがいい。
  • 土日祝は休みたい。
  • 育児も頑張りたい。
  • ブラック企業で困っているので超有名ホワイト企業で働きたい。
  • 今より条件が悪い・条件が同等な転職はしたくない。
  • 勤務地は家の近くがいい。

(悩みが多いよ~)

ナナシ
ナナシ

自己投資をして自分の転職市場価値を上げれば、
それらの困りごとは解決できる可能性があります。
価値が高い人はいい条件の会社に転職しやすいからです。
本ブログでは、皆様の困りごとを解決するため、
目先のことだけに注目して短期的に転職する方法ではなく、
働きながら自己投資(資格取得等)を通じて、
自分の市場価値を上げ、一番いい形、納得できる形で
転職する方向を目指します。

↓本ブログの紹介、あなたと目指したいゴール、差別化、位置づけ、私の経験・経緯

なぜ自己投資(資格取得等)が必要なのか

  • 自分の市場価値を最大化できるから。市場価値=学歴×若さ×業務経歴×資格
  • いい条件の求人に応募、書類通貨、合格しやすくなるから
  • いい条件の会社では困りごとが少ない仕事ができるから

↓ より詳細な自己投資への私の考え方はこちらの記事で

本ブログのターゲット

  • 現状に何らかの困りごとを抱えて生きている人
  • 年収600万円以上ほしい人
  • 悶々とした気持ちをいつか晴らしたい人
  • 学科:電気・電子・情報系出身者
  • 年齢:20代・30代若手社会人または学生
  • 転職先雇用形態:正社員
  • 業種:メーカー(製造業)、建設業界、エンジニアリング業界、コンサルティング業界、IT業界など

↓ 特に20代・30代の人に資格取得を頑張ってもらいたいと考えています。その理由の記事

自己投資(資格取得など)

Aさん
Aさん

いきなり資格と言われても、何をすればいいのかわからないです。

ナナシ
ナナシ

次の記事にオススメの資格取得の順番をまとめました。

年収600万円以上ほしい人向けの資格を取る順番、資格の難易度・転職市場価値・優先度を各記事にまとめました。転職への流れ、自己アピール方法も記載しています。

ナナシ
ナナシ

最近話題のDXがわかる人材、DXを実行できる人材を企業が求めています。
DX中途採用人材になるためのおすすめ資格の記事をまとめました。

デジタル庁や民間企業で需要が高まっているDX中途採用人材について、
 私なりの定義・DX人材になる方法・転職時のアピール方法をまとめました。

資格ごとの具体的対策(7選)

ナナシ
ナナシ

種類が多い電気・電子・情報系資格の
個々の対策・おすすめテキスト紹介記事の一覧です。

↓ 【資格】第3種電気主任技術者(電験3種)を独学で合格するためのおすすめテキストを紹介します

↓ 【資格】エネルギー管理士(電気)を独学で合格するためのおすすめテキストを紹介します

↓ 【資格】第二種電気工事士を独学で合格するためのおすすめテキスト・工具・配線/器具を紹介します

↓ 【資格】1級計装士(プラント)を独学で合格するためのおすすめテキストを紹介します

↓【資格】応用情報技術者試験(AP)を独学で合格するためのおすすめテキストを紹介します

↓【資格】技術士・技術士補(電気電子部門)を独学で合格するためのおすすめテキストを紹介します

↓【資格】建築設備士(電気選択)を独学で合格するためのおすすめテキスト・持ち物・携行品を紹介します

独学が続かない人向けオススメ勉強法

Aさん
Aさん

テキストを自分で独学するのは苦手です。他の方法ないですか。

ナナシ
ナナシ

通信講座、オンライン講座では、スケジュールを予め立ててくれているので、
計画的に学習・合格ができます。
メリット・デメリットなどを以下の記事にまとめました。

↓独学が続かない人向けの勉強法

転職実践編 ~無料で会員登録とカウンセリングを受けよう~

Aさん
Aさん

資格(自己投資)の話ばかりだけど、そろそろ転職の話は?
何から始めればいいでしょうか?

ナナシ
ナナシ

転職エージェントサービスに登録しよう。
まずは資格勉強の気分転換にやってみましょう。
私が利用した転職サイトは【doda】でした。
とても素晴らしい現在のホワイト企業の求人を
ほかの人よりも先行して私に紹介してくれました。
また、入社日交渉、年収交渉、退職交渉等のサポートが上手でした。
転職の素晴らしさを教えていただいた大切な会社です。

転職エージェントサービスは転職完了まで無料です。
今の会社で感じている悶々とした気持ちがきっと晴れるので、
会員登録と無料のキャリアカウンセリングを受けましょう。
いい転職先があれば転職する、無ければ残るという選択が可能なので
あなたに損は絶対無いです。今の会社にもバレません。困りごとを解決への一歩。

↓登録もカウンセリングも無料。希望の条件をぶつけてみませんか?

↓電気系技術職のオススメ転職エージェントのご紹介。
 エージェントのメリット、電気系職種・業界の紹介。書籍紹介。Q&Aなど。

転職の流れ

ナナシ
ナナシ

通常の転職ブログ、転職サイトで紹介されている
「事前準備」「書類作成・応募」「面接」「内定・退職・入社」

という4つのステップは本ブログでは割愛します。

詳細は下記リンクをクリックお願いします。
ネット上に豊富に情報があります。

転職活動の進め方・方法 完全ガイド ~事前準備・流れ・スケジュール~ (doda)

転職体験談

私の転職体験談です。新卒で入った大手ゼネコンを年収750万でも辞めて、製造業に転職して感じたメリット7選とデメリット7選↓

おわりに

本記事では、「自己投資(資格取得等)」を主に解説していきました。
私の助言だけで皆様の困りごとを解決するのは難しいですが、皆様の年収600万円達成のお役に立てれば幸いです。

参考にしたサイト
doda・・・転職活動の進め方・方法 完全ガイド ~事前準備・流れ・スケジュール~

コメント

タイトルとURLをコピーしました