【転職体験談】新卒で入った大手ゼネコンを年収750万でも辞めて、製造業に転職して感じたメリット7選【建設業界から異業種転職】

転職
スポンサーリンク
Aさん
Aさん

建設業辞めたいな。
建設業は辛いことが多い。
異業種へ転職した体験談が知りたい。
発注者の仕事・メリットにも興味がある。

ナナシ
ナナシ

そんな方のために記事を作成しました。

記事を書いている人について

はじめまして、
東証一部大手スーパーゼネコンに新卒入社し、7年後に
東証一部大手食品等メーカー(製造業)に転職したナナシ(@nanashi_kuc)と申します。
↓プロフィール、経歴、資格はこちら↓

発注者側に転職して140日ほどが経過しましたので、記事を作成しました。
ゼネコンの悪いところと比べて製造業のメリットをまとめました。
ゼネコンのメリット部分の記事も今度作成したいです。

参考に、建設業から異業種・異職種転職を考えていたときの候補は以下です。
・製造業(工事発注)
  ・・・年収「良」、ワークライフバランス「良」、スキル「活かせる」
・設計事務所
  ・・・年収「普通」、ワークライフバランス「悪」 、 スキル「活かせる」
・CADオペレーター
  ・・・年収「低」、ワークライフバランス「良」 、 スキル「×」
・電機メーカー(設計)
  ・・・年収「普通」、ワークライフバランス「良」、 スキル「×」
・公務員(技術職)
  ・・・ 年収「低」、ワークライフバランス「良」 、 スキル「活かせる」

家庭もあることから、メリットが多い製造業にて工事発注の道を選びました。

↓デメリット編はこちら

【転職体験談②】新卒で入った大手ゼネコンを年収750万で辞めて、製造業に転職して感じたデメリット7選【建設業界から異業種転職】
発注者側に転職して140日ほどが経過しましたので、ゼネコンと比べた製造業のでデメリット記事を作成しました。

①平穏

製造業は業務時間中、プライベート、身体、精神のすべてが平穏です。
時間がゆったりしています。
残業少なく、 雰囲気はゆるいですね。
自分の会社(工場)内の工事を発注者として担当するので、
工期の融通がききますし、工期守れなくても、
所長・営業から怒られることがなくて楽です。 (社内に謝ればいいだけ)
業務時間中が平穏だと、その後のプライベートも平穏な心が保てます。
また、年収も同等かそれ以上で、経済的にも問題なしです。(残業も減ってます)

ゼネコンのときは、冷や汗をかきながら現場を走り回り、携帯電話が鳴りっぱなしで、
出ると罵声が飛んでくるなんて状況でしたので、心と身体がボロボロでした。

②健康になれる

ストレッチを毎日する時間的余裕のおかげで、体の調子が良いです。
お昼も現場の仕出し弁当やコンビニ弁当ではなく、工場内社食なので栄養が考えられています。
夜の睡眠の時間も確保できるので朝もすっきりです。

ゼネコンで出張が多かった時期は、ホテルで一人でコンビニごはんを買い込み
バクバク食べて太りました。

③家族で晩ご飯

基本残業が少なく、毎日18時過ぎに家族で食事ができるので
栄養バランスが整います。また妻・子と晩ご飯を食べることは

ゼネコンのときはできなかったので、家族の時間を楽しめてすごく嬉しいです。

④言葉遣いが丁寧

今の会社は紳士的で不快な言動をする人が少ないです。特に上層部は人格者多い。

前の昭和気質なゼネコンでは、令和のルールは無いも同然。
メンタルが弱い私はいつも苦しめられていました。
大勢の人の前で叱責を受けたり、大声で私の名前を叫んだりされて参りました。
若くて実力がないのを怒ったりしてました。

⑤働き方改革が施行

転職後の今は月残業10から20時間です。少なくなりました。大きなメリットです。
空いた時間でブログ、Twitterの執筆できるのは嬉しいです。
資格勉強ばかりやってきた20代でしたが、
本業と関係ない活動ができるのは、新鮮で楽しいです。

一方、
2024年まで建設業は働き方改革が未整備です。
前の会社では残業は50時間とか普通にやってました。
有給も年間7日とかでした。(正月、お盆)
事務作業で土日に出社したり、12連勤も経験しました。
夜の10時は当たり前でした。(みんなやっている)
↓ツイートも見てください。

⑥質問して怒られない

気軽に質問できるので、勉強好きな私はいい環境と思います。
質問ができる環境はとても大切で、よく確認することは工場・工事の安全にもつながります。

前の会社では、「そんなこと目上の人に聞くな」とか普通に言っている環境でした。

⑦設備の理解が進む

設備を所有する立場になって、毎日のトラブル解決を通して、設備を深く理解しています。そのトラブル経験から設計に活かす事もできます。配線をいじったりもできます。

ゼネコンでは新品を買ってきて納めるのが仕事でしたので、書類や表面的な部分の理解しか身につきませんでした。また、電気工事等は協力会社の方がすべてやってしまうので、私に技能は身につきませんでした。

まとめ

新卒で入った大手ゼネコンを年収750万でも辞めて、製造業に転職して感じたメリット7選

  1. 平穏
  2. 健康になれる
  3. 家族で晩ご飯
  4. 言葉遣いが丁寧
  5. 働き方改革が施行
  6. 質問して怒られない
  7. 設備の理解が進む

転職に少しでも興味がある方へ

Aさん
Aさん

転職は何から始めればいいでしょうか?

ナナシ
ナナシ

転職エージェントサービスに登録しよう。
私が利用した転職サイトは【doda】でした。
とても素晴らしい現在のホワイト企業の求人を
ほかの人よりも先行して私に紹介してくれました。
また、入社日交渉、年収交渉、退職交渉等のサポートが上手でした。
転職の素晴らしさを教えていただいた大切な会社です。

転職エージェントサービスは転職完了まで無料です。
今の会社で感じている悶々とした気持ちがきっと晴れるので、
会員登録と無料のキャリアカウンセリングを受けましょう。
いい転職先があれば転職する、無ければ残るという選択が可能なので
あなたに損は絶対無いです。今の会社にもバレません。困りごとを解決への一歩。

↓登録もカウンセリングも無料。希望の条件をぶつけてみませんか?

↓デメリット編はこちら

【転職体験談②】新卒で入った大手ゼネコンを年収750万で辞めて、製造業に転職して感じたデメリット7選【建設業界から異業種転職】
発注者側に転職して140日ほどが経過しましたので、ゼネコンと比べた製造業のでデメリット記事を作成しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました