【温度計】計装クイズNo.2

計装士
スポンサーリンク

問題
熱電対温度計の測温接点と計器(温度変換器や調節計等)間の配線を【解答】という。

解答を表示する

補償導線

問題
シース形温度計について、金属シースと素線(抵抗素子)の間には、
粉末状の無機絶縁物である【解答】を充填する。

解答を表示する

MgO(酸化マグネシウム)

問題
最も多く使用される測温抵抗体Pt100は、0℃のときに【解答】という特性をもつ。

解答を表示する

電気抵抗が100Ω

問題
金属線の電気抵抗が温度によって変化することを利用した温度計は何か。

解答を表示する

抵抗温度計(測温抵抗体)

問題
測温抵抗体を利用した温度測定で、3導線方式が最も多く使用される。その理由を答えよ。
※導線とは測温抵抗体と温度変換器の間の3本の導線を意味する。

解答を表示する

導線の長さ、材質、線経及び電気抵抗が等しい場合、導線抵抗の影響を回避できることが特徴。導線の周囲温度が変化しても、3本の導線の抵抗変化が同一であれば精度良く計測できる。

クイズの目次に戻る

↓こちらの記事もおすすめ(1級・2級計装士の難易度など違い)

↓こちらの記事もどうぞ  計装士の独学にオススメのテキスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました