【雑記】おすすめトラックボール(ケンジントンKensington 親指有線エルゴトラックボールK75254JP他)をレビューします【2021年9月更新】

商品レビュー
スポンサーリンク

テレワーク増加やゲーミングマウス登場により、商品も消費者ニーズも多様化していると思います。
私は「1日のうち、手が触れている時間が長いマウスは重要」と考えているので、自分に合うものを探してきました。
最終的にはケンジントンのトラックボールに落ち着いたのですが、
トラックボール、マウスのおすすめを紹介していきたいと思います。

なぜトラックボールなのか

メリット
・トラックボールではなく普通のマウスでは、指、手首が疲れ、腱鞘炎になりやすい
・動かすのは親指だけでいい
・あの「ひろゆき」氏もおすすめしています。トラックボール派のようです。腕を動かす必要がなく、腕を浮かせる必要がないので、腕の重量を負担しなくて済む。下記動画参照。

デメリット
・慣れるまで時間がかかる。 →使いやすい親指タイプがおすすめ。人差し指タイプは操作が難しい
・FPSゲームやCADのような、すばやく精密な操作には不便 →メリットの方が勝りますし、慣れでなんとかしています。

私の普段使いのトラックボール

Kensington Pro Fit Ergo Vertical 有線トラックボールK75254JP
下記のエレコムに代わる有線トラックボールを探していたところ、ケンジントンに行きつきました。
おすすめポイント①
有線なので通信安定性はばっちりです。
おすすめポイント②
親指なのでトラックボール初心者にもおすすめです。
おすすめポイント③
ボールの質もエレコムより良く、さらにエルゴノミクスのため疲れにくいデザインをしています。下記写真参照。
おすすめポイント④
ケンジントンのトラックボールは若干高いですが、下記のエレコムやロジクールよりも、明らかに造りがしっかりしています。クリック部(スイッチ)、ボタン、筐体、ホイール、ボール、各種部品のすべてにおいて、エレコムやロジクールよりも耐久性、質感がいいです。人気で売れているエレコムやロジクールは質感が意外にも安っぽいです。おそらくびっくりします。エレコムやロジクールは消耗品といった感じがしますが、ケンジントン本製品は長期で使える感じです。
おすすめポイント⑤
感度調整(ポインタ速度調整)がボタンで3段階でできます。OSのマウス設定をいちいち触らなくても、好きなタイミングでかんたんに切り替えられます。
 ・CADでは精密な操作が必要なので、ゆっくりめにする。
 ・ネットサーフィンでは早めにする。
 ・デュアルディスプレイでは早めにマウスを動かして、広い画面の中を素早くポインタを動かす等
 の使い方ができます。
おすすめポイント⑥
大きいので机の上で存在感があります。重厚で堅実なインテリアになります。安っぽくないです。
おすすめポイント⑦
本体底部にボール取り出しボタンが有り、便利です。ロジクールやエレコムのようなボタンを直接手で押すタイプではないので、質感がいいです。(安っぽくない)
おすすめポイント⑧
34㎜のボールのため、ボール破損時、劣化時、紛失時の交換が容易です。入手性が良いです。ペリックス製ボールのリンクを下記に貼っておきます。
おすすめポイント⑨
そもそもトラックボール自体を動かす必要がないので、有線でも気にならない。(無線が必須ではない)

ナナシ
ナナシ

私もネットのレビューが少なく、不安でしたが、よい買い物になりました。問題なく毎日使っています。

手をする時のような自然な角度の60度の傾斜でマウス操作時の手首と前腕部を負担のかからない位置で操作を可能にし、親指でのコントロールを可能に。エルゴノミストが認めた1日中操作しても快適なデザイン。
従来のマウスのように左クリック、右クリック、スクロールウィールの操作を備え、親指での操作性を加えて、使用しやすくシンプルな使用感に。
精度の高い光学トラッキングセンサー、34㎜の親指動作でコントロールするトラックボール、3段階DPIスイッチでスムーズなカーソルコントロールを可能にし、繊細かつスピードコントロールを可能にします。
安定した有線接続で、バッテリーやワイヤレス接続性での不安定さを心配する必要はありません。
Plug and Playで接続して、すぐに使用可能、またはKensingtonWorksでポインターやスクロールのスピードをコントロールしたり、9つの機能ボタンの割当ができます。
コネクタタイプ:: USB

アマゾンより

設定ソフトウェア(KensingtonWorks)

KensingtonWorks™は、Kensington®のトラックボール、マウス、プレゼンターを自分らしく活用するためのツールです。生産性を重視して設計されたKensingtonWorks™を利用すれば、各人のニーズに合わせてボタンの機能をカスタマイズし、ポインターの設定を変更し、ディバイスの機能を調整できます。

ケンジントンHP
ナナシ
ナナシ

私のPC画面のキャプチャですが、紹介します。
コピー、ペーストをボタンに割り当てると、作業がはかどります。

ボタンカスタマイズ1
ボタンカスタマイズ2
ポインタカスタマイズ
ホイールカスタマイズ
ボタンカスタマイズ3
ボタンカスタマイズ4
ボタンカスタマイズ5
ボタンカスタマイズ6
ボタンカスタマイズ7
設定をクラウドに保存

その他のおすすめトラックボール

エレコム マウス 有線 トラックボール 6ボタン ブラック M-XT3URBK
有線トラックボールではかなり人気ですが、私はトラックボールの「ボール」の質感を重視していたため、上記のケンジントンに変えました。ボールが重い感じで、引っかかってるような感じがあります。

エレコム トラックボール ポーチ ケース 【M-XTシリーズ専用】 持ち運び レシーバー・ケーブル収納 ブラック BMA-XT2BK
エレコムのトラックボールのケースです。出張が多かったので、持ち運び時に使用しました。

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575S Bluetooth Unifying 5ボタン
エレコムやケンジントンに手を出す前に数年使用していました。(型番は新しくなりました)
ロジクールのこの機種は3個買ったことがあります。会社用×2、テレワーク用×1。
なぜ手放したかといえば、無線だったので、よく途切れたからです。

ナナシ
ナナシ

USBデバイスをwindowsから外した時の効果音が頻発し、嫌になりました。

寿命や不良品の関係と思います。
それ以来、有線の方が安定・安心と考えるようになりました。

ロジクール (Logicool) M575GR /M575S ワイヤレスマウス トラックボール専用保護収納ケース-Aenllosi (ブラック)
ロジクール用のケースです。

参考 使い心地がよかったHyperX Wrist Rest リストレスト 疲労軽減 低反発クッション
キーボード作業が楽になります。手首にやさしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました