【雑記】電気計装担当向け!低圧用検電器オススメ2選を紹介します。

商品レビュー
スポンサーリンク
Aさん
Aさん

電気設備担当になったけど
電気って危なそう。
身を守らねば。
何が必要かな?

ナナシ
ナナシ

この記事はそんな方へ向けて書いています。
はじめまして。
管理人の私(ナナシ)と申します。
私は工場の電気計装屋です。

↓工場の電気計装屋として働く管理人のプロフィール

「死にボルト」という言葉を知っていますか?

皆さんは「死にボルト」という言葉を知っていますか?
これは「42V(しにボルト)」っていう語呂合わせで、
42Vという低圧の電気でも人は感電して死ぬ可能性がありますよ!
という危険を周知するための言葉です。

「42Vは”死にボルト”」電気設備の点検で出会った大事故の芽
ナナシ
ナナシ

周りに「200Vや100Vで感電して痛かった」と言っていた人はいませんか。
結構な確率でいますよね。
42Vでも人は感電して大事故になることがあります。
そこで役立つのは検電器です。
でも種類がたくさんあり選べないと思いますので、
電気屋さん・計装屋さん向けに厳選しました。

検電器とは?

電気回路が停電しているかどうかを判別するための器具です。
(以下省略)

モノタロウ
ナナシ
ナナシ

停電が安全側です。

計装屋さん向け低圧用検電器

ナナシ
ナナシ

リミットスイッチや圧力伝送器、接点信号のような計装設備を扱うので
交流AC100Vだけでなく、直流DC24V対応の検電器がほしい
そんな方にオススメなのがHTE-700DLです。
交流、直流両用のものは製品が少なく、自然とこれを選択し、購入しました。
毎日、胸ポケットに常備しています。

  • オススメポイント
    • 交流ACと直流DCの両方に対応している。AC50V~AC600V。DC12V~DC750V
    • そのため、DC24Vを扱う計装屋さんにオススメ
    • LEDライト付き(夜間、雨天、照明が無い・暗い盤内で使える)
    • 防水IP4Xで十分な性能
    • 被覆の上から検電はできないので注意
  • 参考情報:低圧用検電器ラインナップ 長谷川電機工業に比較表があります。

他に、共立電気計器のKEW 5712もありますが、AC80~600V・DC40~750Vと
なっており、DC24Vには非対応です。被覆の上からは検電OKです。

電気屋さん向け低圧用検電器

ナナシ
ナナシ

改修工事で、目の前のケーブルが活線なのか調べたいので
被覆の上から検電したい。
交流が検電できればよい。
価格を抑えたい。
という方にオススメなのがHIOKI(日置電機)3481検電器です。

  • オススメポイント
    • 交流AC40V~600V。直流DCは不可。
    • 被覆の上から検電できます。
    • 3000円以下
    • 感度調整機能付き(40〜80V)、適する感度で検電
    • 手元を照らせる白色LEDライト付き
    • 電池消耗を表示、先端が緑色に点灯していれば電池電圧OK
    • ストラップ穴に携帯ストラップを付けて落下防止
    • アマゾンベスト売れ筋ランキング1位(電設用資材・部品。2021年8月25日現在)
    • 別売りでケースも有り

おわりに

本記事では計装屋さん向け低圧用検電器、電気屋さん向け低圧用検電器を紹介しました。
皆様の安全に貢献できれば幸いです。ご安全に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました