【転職】新型コロナウイルスの流行で主流になったWeb面接(オンライン面接)に準備するおすすめカメラ(マイク内蔵・三脚付、ロジクール)【就活】

商品レビュー
スポンサーリンク

近年の状況
新型コロナウイルス感染症の流行以降、多くの企業がWeb面接(オンライン面接)を取り入れ始めました。Web面接は企業への移動時間がカットできるメリットがあるものの、画面越しのコミュニケーションとなることで、雰囲気や人柄を伝えづらいというデメリットも。画面に映る自分の姿を事前に確認しておく、対面の場合よりもハキハキとした口調で発言する、相づちなどを大きな身ぶりで行うなどの工夫が必要になっています。(引用元)
私の経験
一次面接がオンライン面接になっていることが多いです。私の場合、7割の会社がそうでした。最終面接は対面が多いです。大企業は、この傾向は強いです。
注意点としては、WEBカメラ、マイク、ヘッドセットが必要です。面接ということで、顔が一部隠れるヘッドセットよりはWEBカメラ、マイクがおすすめです。面接なのでカメラ映像ONは必須です。面接官の方はカメラONしてこられます。
カメラ映像では冷たい印象にならないようにオーバーリアクションを心がけました。

ナナシ
ナナシ

スマホ、タブレットやノートPCに搭載されているカメラ、マイクでもいいのですが、音質、画質、設置位置に問題があることが多いです。私の場合、ノートPCやiPadを利用しましたが、自宅の机の高さの問題で、下から見上げるようなカメラ映像になっていました。スーツを着た偉そうな人に見えるので、印象がよくなかったかもしれません。
これから就職活動、転職活動をされる方は三脚付きカメラをおすすめします。

↓マイク内蔵、三脚付きの人気なカメラはこちら(ロジクールなので信頼感抜群)

コメント

タイトルとURLをコピーしました